auひかりのキャッシュバックの受取方法は複雑なのか

Posted on

auひかりを利用してみようと考えて調べてみると、特典としてキャッシュバックをするキャンペーンが実施されているのに気づくでしょう。

そのときにキャッシュバックを加味するととてもお得だから申し込みたいという気持ちと、実はキャッシュバックを受け取るのが難しいのではないかという不安に駆られる場合もあるので受取方法を簡単に紹介します。

オフィシャルキャンペーンの受取方法

auひかりではKDDIが自ら実施しているオフィシャルキャンペーンでキャッシュバックを実施していることがあります。あくまでキャンペーンなのでいつでも実施しているとは限りませんが、申し込みのタイミングでキャンペーンを適用できる条件を満たしていれば現金をもらうことが可能です。

オフィシャルキャンペーンの受取方法は郵便為替になっているのが特徴で、受け取ったら郵便局に行って現金に換えてもらうことが必要になります。ただ、オフィシャルキャンペーンではauひかり新スタートサポートに申し込むことが必要で、その書類を提出するのを忘れるとキャッシュバックをしてもらえません。

auひかり新スタートサポートによるキャッシュバックは他社からの乗り換えのときにかかる違約金の負担を一部または全額KDDIに負担してもらえるのが特色です。

その申請書が郵送されてくるので必要事項を記入し、違約金が発生したことを示す書類を同封して送り返しましょう。

するとauひかりが開通してから1ヶ月から2ヶ月くらい経過した時点で郵便為替が送られてきます。

代理店やプロバイダのキャッシュバックの場合

auひかりの代理店やプロバイダでもキャッシュバックキャンペーンを行っていることがよくありますが、この場合には業者によってどのようにすればキャッシュバックを受け取れるかが異なっています。特に代理店のキャッシュバックの受取方法は個々に大きく違っているので注意しなければなりません。

プロバイダによるキャッシュバックでは手続きが類似しているので同じようにして考えることができます。代理店、プロバイダのそれぞれについて具体的な事例に基づいてどんな手続きをする必要があるのかを確認しておきましょう。

NNコミュニケーションズでの事例

NNコミュニケーションズのキャンペーンでのキャッシュバックの受取方法は比較的簡単で、受け取り忘れてしまうようなことはほとんどありません。なぜなら振込先を口頭で伝えるだけで受け取れるようになっているからです。

忘れてしまわないようにして確実に受け取れるようにするのを大命題にしているのがNNコミュニケーションズの特徴で、利用者を増やしていくための戦略になっています。auひかりの申し込みをしたときには代理店ののオペレーターから電話がかかってくる仕組みになっています。

その電話で契約の内容についての案内を受け、本当にその内容で良いかについての最終的的な確認が行われるのが基本です。その際に申し込むという意思をはっきりと示すことで申し込み手続きが進められていくことになり、通常のキャンペーンでは条件を満たすのでキャッシュバックの対象になります。

するとその電話口でオペレーターからキャッシュバックの現金を振り込む先の銀行口座を聞かれ、口頭で答えれば後日に振り込んでもらえます。もしその場では銀行口座の番号がわからないような場合にはどうなるのでしょうか。

オペレーターから再度連絡をもらう、あるいは自分で電話をかけて伝えるという選択肢もありますが、スマホを利用している人ならSMSで振込先口座を登録するためのURLを送ってもらうことも可能です。口頭で口座番号を言うのは他の人に聞かれるかもしれないから心配という場合にもサイト上で登録すれば安心でしょう。

このようにして登録を済ませれば早ければauひかりが開通した1ヶ月後には現金が口座に振り込まれます。

プロバイダによるキャッシュバックの事例

プロバイダによって行われているキャッシュバックの場合には電話で振込先を登録できるという簡単なシステムのことはありません。どの会社も足並みを揃えているので基本的な流れを理解しておきましょう。プロバイダによるキャッシュバックでは適切なタイミングで振込先口座の登録手続きをする必要があります。

auひかりが開通してから一定期間が経過した後、指定された期間内にプロバイダから提供されているマイページにアクセスして口座情報を登録することにより受け取れるようになるという仕組みが一般的です。この時期を逃してしまうとキャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

プロバイダによっては登録ができるようになったタイミングや登録期間が終了するタイミングでメールを送ってくれるサービスがあります。ただ、メールによる通知がないプロバイダもあれば、メールをそもそも読む習慣がないために気づかずに期間が過ぎてしまうというケースもあるので注意しなければなりません。

きちんと手続きをすればプロバイダごとに定められている3ヶ月から5ヶ月くらいの期間が経過した後で口座に振り込んでもらうことができます。

スケジュール表に書いておこう

オフィシャルキャンペーンのように送られてくる申込書に必要事項を書いて送り返せば良い場合や、申し込み手続きの中で振込先を聞いてくれる場合にはキャッシュバックを受け取り忘れてしまうようなことはありません。しかし、auひかりが開通してしばらくしてから振込口座の登録をしなければならないとなると忘れてしまうリスクが高いのは事実でしょう。

登録を忘れてしまわないためには、auひかりに申し込む時点でスケジュール表に書いておくのが大切です。カレンダーなどに記入しておけば期日が近づいてきたときに意識するようになるのできっと忘れなくなります。もしアラート機能のあるアプリなどを使用しているのであれば、申し込みが始まる日と終わる日の数日前にアラートを鳴らすようにしておくと良いでしょう。

手続きを忘れてしまうと数万円の損になってしまうので、必ず申し込めるように対策を立てておくのが大切です。

受取方法に注意して確実にキャッシュバックを受け取ろう

auひかりに申し込むときにはオフィシャルキャンペーンに加え、代理店やプロバイダが独自に実施しているキャンペーンによってキャッシュバックを受け取れることがあります。それぞれ申し込み方が違うので注意しなければなりません。

申し込む時点でいつ手続きが必要かを確認してスケジュール表に書いておくようにしましょう。

詳細:auひかりキャッシュバックのご紹介 | auひかり申し込みサイトhttp://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/cashback/